j9eesdbb のすべての投稿

奨学金の返済は苦しい!月2万円代も普通にいる。

学校へ行くため、有利子の奨学金を借りました。
借りた当時は特に詳しい説明もなく、返済時のイメージが出来ていませんでした。

 
「これでちゃんと学校へ行ける」という思いばかりが先行していて、返済の際に、ここまで人生に対して負荷が掛かるものとは思っていませんでした。
そして今、働き出して、月々の支払いに苦しんでいます。

 
借りたものですから、もちろんきちんと返すべきですし、そのための努力は惜しんでいません。

 
ですが、毎月毎月、苦しい時であってもコンスタントに家計を圧迫されている事実と、「奨学金という借金を抱えている」という認識が、私を常に苦しめています。

 
薄給ながら、無事会社員になれたので、毎月の支払いは滞ることはないのですが、やはり生活に余裕はありません。

 
例えば、食費にしても、必要最低限の被服費にしても、出来うる限り削らなければならず、着飾って良い食事をしている人を見ると、羨ましくなってしまい、それが気持ちの余裕のなさに繋がってしまっています。

 
また、奨学金は借金ですので、恋愛関係に支障をきたしてしまっています。
結婚を意識しようにも、借金持ちの自分なんかが、相手と付き合っていて良いのかという気持ちが常に頭の隅にこびりついています。

 
そのために、お付き合いが消極的になってしまい、結局お別れしてしまった人もいました。

 
奨学金は、学業を修める上で間違いなく必要なものでしたが、借りた当時のまだ幼い自分は、このように色々な面で自分の将来に対して強い影響を持つものとは想定出来ていませんでした。

 
特に、恋愛や結婚の面でここまで影を落とすものとは思っていませんでした……。

 
これから借りる予定の学生さんが居るとしたら、慎重になった方が良いとか、将来共にする相手によく話した上で付き合った方が良いとか、色々なアドバイスをしたいと考えてしまいます。

 
まあ、いずれにしても、借りたものは返すべし、そこは変わりませんので、完済目指して自分なりの前向きさを手に入れるしかありません。
今日より明日が少しでも明るいことを信じつつ、頑張ります。

一日120円生活!お金がない過去を今だと笑える

私の家はあまり裕福な家庭では無いのにも関わらず、短大にいかせてもらいました。

 
しかしながら、いわゆる「就職浪人」になってしまい短大卒業後は、自分が希望している職種の旅行会社に就職する際に「資格を取っておいた方が良い」と当時の恩師からのアドバイスもあり、旅行業取扱主任者の国家資格を取る為、旅行業の専門学校に入学しました。

 
しかしながら、短大への入学費用、授業料は両親に払ってもらいましたので、専門学校の費用まで出してもらう事はできず、早朝は清掃員として夜間は警備の仕事をしつつ日中授業に出ると言った二重生活をしていました。

 
住まいは専門学校に寮があったので格安で入室する事ができましたが、仕事での給料はほぼ専門学校の学費の飛ぶので1日1つ、120円のカップラーメンを食べる生活がほとんどでした。

 
それでも、裕福な家庭では無いのにもかかわらず、短大で学費を出してもらったに、さらにその後資格を取る為専門学校の学費まで出してくれとは言う事はできませんでした。

 
今思えば、よくあのような生活が出来たと自分でもびっくりしますが、自分の夢、信念に向かって進んでいたからこそできたのだと思います。

 
専門学校は二年間でしたが、学校の時間以外はほぼアルバイトに時間をついやしていましたので、寮には布団と少しの着替えしかありませんでした。

 
勉強は学校内の自習室と言う部屋が常時開放されていたのでそこを利用しました。なぜなら、自宅での勉強は電気代がその分かかるからです。

 
そして専門学校を卒業後、無事国家資格を取り、旅行会社に就職する事はできました。

 
旅行会社を8年間勤め、現在は違う職種になってしまいましたが、あの頃の2年間は決して無駄では無かったと強く感じます。

 
お金がない
 

お金が無い事は苦しいし、誰も経験したくは無いと思いますが、夢や信念だけを持って前を向き、周りと比較する事を辞めれば少しは楽になれるのではないでしょうか?

 
今では当時の貧乏な暮らしは良い思い出話として話す事ができます。

 
そしてまた貧乏生活になったとしても、あの学生当時よりはマシだろうと言う気持ちの余裕ができました。

 
 

あなたにとってお金とは何でしょうか?

 
私は最終的には紙切れぐらいに思えるような精神力になりたいと思っています。
 
しかしそう簡単ではありません。子供のころからお金の持つパワーを身に染みて感じているからです。
 
駄菓子を買う、洋服を買う、体験を買う。すべてにおいて価値交換の基準になる紙幣は数千年の中の歴史の中でも圧倒的な開発事例だと思います。
 
ごく普通に使っているお金が無限に湧いてくればそれこそ力を持ちます。
 

でも本当に大切な事はどれぐらいお金を持つかではなくて、どう生きていくか。
 
人と人との関わりの中で幸せの定義を自分で確認しながら実行していくしかありません。
 

お金がない時には人に厳しく当たったり、お金の工面を考えて精神的にすり減っていく事になります。

金欠状態の私がお金を学んだ結果、何を優先順位とするか

私は昔から貧乏な家庭に生まれました。車もなかったし、車がない家が当たり前だと思っていました。

子供はある意味では親から洗脳されています。何が正しくて正しくないのか答えがありません。

金欠をするまでの私はいわば失敗する為の生活だったと言えるかもしれません。親が悪いのではなくて、自分で考える能力が欠如していたからです。

私は子供が出来た時には教える事は控えめにしてたくさんの成功事例や選択肢の幅を提供できるような親になりたいと思っています。

子供も言ってみれば成功するかどうかは親の育て方が4割ぐらいは影響していると思います。

後は自分自身で何を優先させていくか。私の場合は女遊びや無駄なお金は使わないと決めています。

恐らくかなりの金持ちになったところでお金の使い方は変更するつもりはありません。

なぜならそれが私にとってのお金がないなりに学んだ美学でもあるからです。

大学時代の貧乏生活を最終的にはリフォームに生かしたい

大学生の時、学費を自分で払うと決めたため、かなりお金に苦労していました。
週に3回、ホステスさんのバイトをしていましたが、それは大半が学費に消えるため、普段の生活費はかなりギリギリでした!

ホステスをしている時の衣装などはお店で貸してくれましたが、髪を美容室でセットしたり、ネイルをしてもらう余裕などはなかったため、全部自分で何とかしました!
ネットで調べて、自分で出来そうなもので見栄えがする髪型をいくつか覚え、ネイルも100円ショップの商品を駆使して、お店に出ても恥ずかしくない程度には綺麗にしていました。

家計の支出の中で1番削れるものは食費だったため、なるべく安い食材を見切り品などで買いました。
お米だけは母が送ってくれたので、味付けの濃い、ご飯に合う料理を作り、ご飯でお腹を満たすような感じです。
(自分で言うのもなんですが)割と人気のホステスさんだったので、お客さんからよく食事に誘って頂いていので、高級なレストランでも、お客さんの行きつけのおでんの屋台でもお付き合いして、普段なかなか食べられないお肉やお魚を意識して食べていました!
(当時、私のタンパク質供給源は、ほぼ納豆&豆腐&おからという畑のお肉でしたので、動物性タンパク質摂取のチャンスでした!)

大学時代は、バイトに研究室での卒業論文準備に本当に忙しい日々でした!
お金がなく、かなり偏った食生活でしたが、粗食が良かったのか、野菜だけは見切り品で割と多めに摂取していたのが良かったのか、風邪1つ引くことなく、借金をするようなこともなく、元気に卒業できました!
友達が旅行とかに行くのを見ると羨ましく思ったりもしましたが、全ての学費を自分で稼ぐあの生活を乗り切ったことは1つの私の自信となっています!

お金はなくても何とかなる!と思っています☆

家をリフォームする場合には最低でも100万円は必要になるよね。