奨学金の返済は苦しい!月2万円代も普通にいる。

学校へ行くため、有利子の奨学金を借りました。
借りた当時は特に詳しい説明もなく、返済時のイメージが出来ていませんでした。

 
「これでちゃんと学校へ行ける」という思いばかりが先行していて、返済の際に、ここまで人生に対して負荷が掛かるものとは思っていませんでした。
そして今、働き出して、月々の支払いに苦しんでいます。

 
借りたものですから、もちろんきちんと返すべきですし、そのための努力は惜しんでいません。

 
ですが、毎月毎月、苦しい時であってもコンスタントに家計を圧迫されている事実と、「奨学金という借金を抱えている」という認識が、私を常に苦しめています。

 
薄給ながら、無事会社員になれたので、毎月の支払いは滞ることはないのですが、やはり生活に余裕はありません。

 
例えば、食費にしても、必要最低限の被服費にしても、出来うる限り削らなければならず、着飾って良い食事をしている人を見ると、羨ましくなってしまい、それが気持ちの余裕のなさに繋がってしまっています。

 
また、奨学金は借金ですので、恋愛関係に支障をきたしてしまっています。
結婚を意識しようにも、借金持ちの自分なんかが、相手と付き合っていて良いのかという気持ちが常に頭の隅にこびりついています。

 
そのために、お付き合いが消極的になってしまい、結局お別れしてしまった人もいました。

 
奨学金は、学業を修める上で間違いなく必要なものでしたが、借りた当時のまだ幼い自分は、このように色々な面で自分の将来に対して強い影響を持つものとは想定出来ていませんでした。

 
特に、恋愛や結婚の面でここまで影を落とすものとは思っていませんでした……。

 
これから借りる予定の学生さんが居るとしたら、慎重になった方が良いとか、将来共にする相手によく話した上で付き合った方が良いとか、色々なアドバイスをしたいと考えてしまいます。

 
まあ、いずれにしても、借りたものは返すべし、そこは変わりませんので、完済目指して自分なりの前向きさを手に入れるしかありません。
今日より明日が少しでも明るいことを信じつつ、頑張ります。